fbpx
Clean up
2020/11/6

【長い梅雨後の秋冬カビ2020】ドラム式洗濯機のカビに注意!臭いを除去するお掃除とメンテナンスをプロが伝授!

今年の梅雨は例年になく長く続きました。カビといえば梅雨の時期に気をつける方は多いですが、秋冬も注意が必要です。梅雨のジメジメで爆発的に増えたカビを、プロの技でリセットしましょう。

目次

洗濯機の「ドラム式」と「縦型」はどう違うの?

ドラム式と従来の縦型の違い

ドラム式洗濯機と縦型では、洗浄力と使用する水の量、乾燥の性能がよく比較されます。

メーカーやモデル等によって性能は異なりますが、一般的にはドラム式洗濯機と縦型は大きく下図のような違いがみられます。

ドラム式と縦型の汚れ方・メンテナンスの違い

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機は、中の構造も違うので汚れる場所やメンテナンスする場所にも違いがあります。

ドラム式洗濯機の方が少ない水を使うので汚れにくいと思われがちですが、縦型洗濯機にはないパーツがあったり、普段は見えない場所にホコリやカビなどの汚れがついているので注意が必要です。

これらのパーツは、ホコリや繊維くず、洗濯物から出た皮脂汚れや食べこぼし、洗剤のこりの石鹸カス、カビなどで汚れています。これらの汚れを放置すると、「洗濯物が臭う」原因になるだけでなく、「洗濯物が乾きにくくなった」、「うまく排水されない」など、洗濯機の不調の原因につながる恐れがあります。洗濯機の寿命を縮めてしまわないよう、定期的にメンテナンスしておきましょう。

ドラム式洗濯機の臭いの原因って?洗濯槽と排水口をお掃除!

洗濯槽が臭う原因

ドラム式洗濯機を使用しているご家庭で多いお悩みは、洗濯が終わってドラムのドアを開けると、もわっと鼻につく嫌なニオイ。ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機より使用する水の量は少ないものの、縦型と同じようにドラム式洗濯槽の裏側にもカビがついています。このカビが臭いの主な原因です。

ドラム式洗濯機の中は、湿気がこもりやすく、洗濯物の汚れや洗剤などを栄養にしてカビが繁殖しやすい環境です。次の点に心当たりがあれば、洗濯槽の裏側はカビだらけかも!

 ✅洗剤・柔軟剤をしっかり目に使う
  (つい入れ過ぎる)
 ✅ドアを閉めたままにしている
 ✅ドラムを洗濯物かごの代わりにしている
 ✅しばらく洗濯槽を掃除していない

どの項目も、カビの繁殖を早めてしまうので注意が必要です。

小さな子どもやペットがいるご家庭でドアを開けっぱなしにするのが心配ということがあると思います。その際は、ドラム式洗濯機用のドアストッパーを使用して、中を密閉しないようにしましょう。100円ショップでも販売されているので、手軽にできるカビ予防策です。

排水口が臭う原因

洗濯槽をきれいにしていても、どこからともなく下水のような臭いがする場合は、洗濯パン(防水パン)をチェックしてみてください。

洗濯パンは、万が一洗濯機から水漏れした際に、床や階下への水漏れを防ぐ役割があります。

普段の暮らしでは、洗濯パンは洗濯機の下になっているので、気にしてお掃除する方は少ないかもしれません。

一見それほど汚れていないようにみえますが、専用の道具でドラム式洗濯機をかさ上げしてみると…

カビと石鹸カスでぎょっとするほど汚れています。
これは、ドラム式洗濯機と洗濯パンのあいだに入り込んでこびりついてしまった、次のものです。

  • ホコリ
  • こぼした洗剤・柔軟剤
  • 排水ホースから漏れたり、排水口からあふれ出た排水などの水分
  • 雑菌・ヌメリ
  • カビ  等

これらの汚れは排水口にもついています。ドラム式洗濯機のニオイ対策には、洗濯槽にプラスして洗濯パンと排水口のお掃除がとても大事です。

ドラム式洗濯機のお掃除はプロにお任せ

日常的なお手入れをしていても、ドラム式洗濯機の中は石鹸カスや洗濯汚れでカビや雑菌がビッシリということも。「洗濯物のニオイが気になる」「1年以上お掃除していない」「お掃除する自信がない」という場合は、一度プロの技で汚れをリセットするのがオススメです。

99.9%以上の除菌力!ドラム式洗濯機 槽洗浄

ドラム式洗濯機の汚れで、手の届かない場所かつ汚れが多い場所の代表格は「洗濯槽の裏側」。

どれだけ汚れているのか?お掃除する前も、お掃除したあとも、キレイになったのか分かりにくい場所です。

したがって、おそうじ本舗のドラム式洗濯機掃除では、洗浄効果が誰にでもわかるように、洗浄前と洗浄後にルミテスターという検査キットを使用して、洗濯槽の汚れの状態を測定するサービスが工程に含まれています。


生物由来の汚れや菌などの一部成分を発光させた数値を測定し、洗浄効果を見える化

おそうじ本舗のドラム式洗濯機掃除は、洗濯槽を分解しません。

それは、縦型洗濯機と比較して、ドラム式洗濯機は分解と組み立てに必要以上に作業時間がかかりすぎること(お客様の時間を奪ってしまうこと)、分解でエラーや故障に繋がる恐れがあることから、分解しなくともドラム式洗濯機にやさしくキレイを実現する洗浄方法を研究・開発しました。

使用する洗剤・除菌剤は、研究機関と共同で開発したおそうじ本舗オリジナルです。

4種類の洗剤と除菌剤を使い分けて掃除することで、洗濯槽の裏側にこびりついたカビなどの汚れを強力に浮かし、除菌力が99.9%以上と効果を高めつつ、ドラム式洗濯機にやさしい洗浄方法を実現しました。
※当社調べ ※全ての菌を除去するものではありません。

一般的に使用されている洗浄剤は掃除後に塩素のニオイが強く残るため、洗浄と臭いをとるのに12時間以上かかる場合もあります。もちろんその間は洗濯機が使えません。

しかし、おそうじ本舗オリジナル洗剤は、洗浄後も塩素のニオイが残らないので、掃除が終わったらすぐに洗濯ができます。これも、おそうじ本舗ならではのサービス特長です。

おそうじ本舗がオススメなポイント!

✅洗浄効果がわかりやすい
✅99.9%以上除菌のオリジナル洗剤・除菌剤を使用
✅掃除後にすぐ洗濯ができる!
 (塩素臭が残りにくい)

ドラム式洗濯機 乾燥フィルターの掃除

ドラム式洗濯機で便利な機能といえば、やっぱり「乾燥」。

「乾燥に時間がかかるようになった」「乾きが悪いな…」という場合、乾燥フィルターを取り外してホコリを取って終わり!では足りないかもしれません。

おそうじ本舗のドラム式洗濯機掃除では、特殊な器具や長いブラシを使って奥に付着したホコリを取り除きます。

メーカーによって構造が異なり、使用状況によってもかわりますが、見えない場所にも乾燥時のホコリが付着しています。

事例:Iさん宅 日立ビッグドラム

奥からズルズルとホコリのかたまりが出てきました。
ホコリを集めると、このくらいになることも!

事例:Yさん宅 パナソニック

ホコリが溜まっていると乾燥の効率が下がることもですが、洗濯機に負荷がかかるので定期的にメンテナンスするのがオススメです。

ドラム式洗濯機 洗濯パンの掃除

知っていましたか?ドラム式洗濯機の本体の重量は約70~90kgもあります。

洗濯パンをお掃除するには、ドラム式洗濯機本体をかさ上げしないとできないのですが、マッチョさんでない限り自分でやるのは難しいですよね。かといって、専門業者に依頼すると約2万円前後かかることも。※当社調べ

おそうじ本舗のドラム式洗濯機掃除では、ドラム本体の除菌掃除を利用すると、オプションメニュー料金2,000円(税抜)で洗濯パンと排水口の両方をキレイにすることができます。

なかなかお掃除ができない洗濯パンと排水口は、汚れを放置するとカビが繁殖し、汚れが詰まったりカビや下水のような臭いの原因にもなります。

ドラム式洗濯機は、洗濯以外に洗面所や脱衣所と同じ空間に設置されていることがよくあります。

着替えたり顔を洗ったり、家族全員が毎日使う場所だから、洗濯槽とあわせて洗濯パン・排水口もキレイにして、カビの少ない清潔な空間にしておきたいですね。

自分でもできる!ドラム式洗濯機のメンテナンス方法って?

カビや臭いを防ぐには、お家でのお手入れがとっても大事。
お家で簡単にできるドラム式洗濯機のメンテナンス方法をご紹介します。

カビ

ドラム式洗濯機は、本体の真横にドアがついているため、洗濯の水が漏れないようにドアの内側にゴムパッキンがついています。

この部分を汚れたままにしておくと、カビがどんどん繁殖していき、カビの入った水で洗濯物を洗うことになるので、こまめにキレイにしておきたい場所です。

①ゴムパッキンの内側に強力電解水クリーナーをまんべんなくスプレーし、つけ置きして汚れをゆるめる

②万能拭き取りクロスを使い、ゴムパッキン内側を拭き取る

強力電解水クリーナーは、泡が出たり洗剤成分が残らないのでお掃除した後は、クロスで拭き取るだけなので手間がなく簡単で時短にもなります。

カビのもととなるホコリや石鹸カス等の汚れや、水分が残らないようにしっかり拭き取りましょう。

洗濯槽

ドラム式洗濯機の洗濯槽は、基本的には縦型洗濯機のお掃除方法と同じですが、メーカーによってちょっとしたコツがあります。

洗濯槽の裏側の汚れは、カビや石鹸カスなどがこびりついています。汚れを効果的に落とすには、汚れを落とすために「衣類用塩素系漂白剤」を使い、常温の水ではなく「お湯」が効果的です。

 洗濯槽の裏側そうじのポイント!

 ✅塩素系漂白剤で汚れを落とす
 ※過炭酸ナトリウムの方がオススメですが、メーカーの取扱説明書で塩素系漂白剤を指定している場合はそちらをご使用ください。
 ✅より効果を高めるお湯(40~50℃未満)
 ※ほとんどのメーカーで50℃以上のお湯は使用不可としています。水漏れや故障の原因などに繋がる恐れがあるため注意しましょう。

ドラム式洗濯機にはほとんどのメーカーで「槽洗浄コース」がついているので、取扱説明書を読んでお掃除方法を確認してからお掃除しましょう。

東芝製ドラムのポイント

①お湯を入れる
自動運転をスタートし、給水が始まる前に一時停止します。ドアをあけて、ドラムの中に40~50℃未満のお湯を入れます。お湯の分量は、ドアのフチより数センチ少なくします。

②衣類用塩素系漂白剤を約300ml入れ、ドアを閉める

③「槽クリーン」ボタンを押し「槽洗浄」または「槽洗浄 槽乾燥」を選択してスタートを押す

④排水フィルターを掃除する

東芝のドラム式洗濯機ポイント!
✅3~13時間以上かかるため、お掃除するタイミングは注意して行いましょう。

※機種によって手順や所要時間が異なる場合があります。ご使用のドラム式洗濯機の取扱説明書をご確認ください。

日立製ドラムのポイント

①「洗濯」ボタンを数回押し「槽洗浄コース」を選択してスタートを押す

②給水が始まったら一時停止し、40~50℃未満のお湯を入れる

③洗剤を入れてお湯を足す
再度スタートボタンを押すと少し排水されます。再度給水が始まったら衣類用塩素系漂白剤を約200ml入れ、お湯を足し入れます。お湯の分量は、ドアのフチより数センチ少なくします。

④ドアを閉めスタートボタンを押す

⑤排水フィルターを掃除する
槽洗浄コースが終わったら、排水フィルターを取り外してお掃除します。ドラムの裏側からはがれた汚れが排水フィルターについていることがあります。

日立のドラム式洗濯機ポイント!
✅2~11時間以上かかるため、お掃除するタイミングは注意して行いましょう。
✅お湯を入れて槽洗浄を再開すると多少排水されるので、再度給水が始まったタイミングで洗剤を入れます。

※機種によって手順や所要時間が異なる場合があります。ご使用のドラム式洗濯機の取扱説明書をご確認ください。

パナソニック製ドラムのポイント

①「槽洗浄コース」を押す

②お湯を入れる
スタートボタンを押し、給水が始まったら一時停止して、給水が始まる前に一時停止します。ドアをあけて、ドラムの中に40~50℃未満のお湯を入れます。お湯の分量は、ドアのフチより数センチ少なくします。

③ドラムの中に衣類用塩素系漂白剤を約200ml入れる

④ドアを閉めスタートボタンを押す

⑤排水フィルターを掃除する
槽洗浄コースが終わったら、排水フィルターを取り外してお掃除します。ドラムの裏側からはがれた汚れが排水フィルターについていることがあります。

パナソニックのドラム式洗濯機ポイント!
✅3~11時間以上かかるため、お掃除するタイミングは注意して行いましょう。
✅お湯が50℃以上になると、強制的に排水されてしまうため、お湯は必ず40~50℃未満にして入れましょう。

※機種によって手順や所要時間が異なる場合があります。ご使用のドラム式洗濯機の取扱説明書をご確認ください。

糸くずフィルター・排水フィルター(ごみ取りフィルター) 

ドラム式洗濯機のメンテナンスで忘れてはいけないのが、「糸くずフィルター/排水フィルター(ごみ取りフィルター」です。洗濯機を正面から見て、右下か左下についています。

糸くずフィルター/排水フィルターは、洗濯から出る繊維くず・ホコリなどのゴミや、細菌類が発生してぬめりがついています。

取り外して、汚れを取り除き、細かな隙間はブラシでお掃除しましょう。

汚れが強い場合は、ゴミを取り除いたあとに強力電解水クリーナーをスプレーしてしばらくつけ置きしてからブラシで磨きましょう。

糸くずフィルター/排水フィルターを掃除する前に、1点注意が必要です。ドラムの槽の中に水がない状態で、糸くずフィルター/排水フィルターを取り外しましょう。ドラムの中に水が溜まっているときに取り外すと、水があふれ出てとんでもないことになるので注意しましょう!

排水口 

洗濯物の汚れや洗剤、ぬめりなどでドロドロに汚れていることも少なくありません。月に1回程度を目安にお掃除しましょう。

①排水口から排水ホースを外す

②排水トラップを外し、お風呂洗剤とブラシで洗う

③排水口のフチや中をブラシで磨き、排水トラップと排水ホースを取り付ける

※洗濯機の取り扱い説明書を確認してから掃除しましょう。

ただし、ドラム式洗濯機が洗濯パンからかさ上げされていない状態のままだと、そもそも排水口が隠れている場合や、排水ホースや排水口に少しずつ蓄積した汚れで詰まりやすくなっている場合があります。

ちょっと自信がないな…という場合は、プロのお掃除で解決するのがオススメです。

定期的なお手入れ/メンテナンスでドラム式洗濯機の寿命を長く

ドラム式洗濯機は、定期的に汚れる場所のお手入れ・メンテナンスをすることで、ドラム式洗濯機に余分な負荷をなくし寿命を長くしましょう。

ドラム式洗濯機の上手な使い方

ドラム式洗濯機の上手な使い方は、洗濯機の中に汚れをためないようにすることです。汚れがたまると、カビが繁殖したり、たまりにたまった汚れが詰まったりして不具合を誘発します。

普段からできることは以下の通りです。

  • 洗剤・柔軟剤は使用量を守る・入れ過ぎない
  • 泥汚れやペットの毛などの汚れは洗濯機に入れる前に取り除いておく
  • ドアストッパーを使い、ドラムの中に湿気をためない
  • 洗濯物かごのかわりにしない(洗濯の直前までドラムに入れない)
  • できるだけお風呂の残り湯は使わない
  • 「自分でもできるドラム式洗濯機メンテナンス方法」を定期的に行う

これらに気をつけてドラム式洗濯機を使用するとカビなどの汚れがたまりにくくなります。

とはいえ、すでに頑固な汚れがついてしまっている場合は、一度プロのお掃除でキレイにするとより効果的にメンテナンスができます。

防カビ消臭ボールで簡単なメンテナンスするだけでも違う

こまめに掃除ができない!という場合は、「防カビ消臭ボール」をドラム式洗濯機の中に入れておくだけでも違います。防カビ消臭ボールの中には、超強力な防カビ・消臭成分が含まれており気化して、ドラム式洗濯機の中で菌やカビの繁殖を抑止します。※全ての菌やカビを抑制するものではありません。

使用状況によって変わりますが、約100回(約3ヶ月)効果が持続するすぐれもの。

忙しくても、入れておくだけなのでとっても簡単です。

ただし、すでに生えてしまったカビや菌を除去するものではないので、プロのお掃除でキレイにした後がオススメ!キレイが長持ちし、洗濯物にも嫌なニオイがつきにくくなります。

今年は梅雨が長く、秋も雨が多いのでお家の中もカビが生えやすい環境にあります。

清潔なお洗濯ができるよう、ドラム式洗濯機のお掃除を見直してみてください!

年末大掃除が格段にはかどるプロ技と汚れを効率的に落とすコツ

この記事で紹介した商品

防カビ消臭ボール

気化性の超強力防カビ成分の力で菌やカビの発生を抑制!
ご家庭のカビ対策に幅広く役立ちます!
※全ての菌やカビを抑制するものではありません。
※ご利用環境により、成分の広がりや使用期間は異なります。

※在庫あり
※ご注文をお受けした翌営業日から、2~5営業日でお届けいたします。

コンビニ決済ご希望の方はこちら

商品詳細はこちら

関連情報

ドラム式洗濯機のカビ掃除はプロにお任せ!

ドラム式洗濯槽に付着した洗剤カス・ホコリ・繊維くずがカビ繁殖の原因となります。
おそうじ本舗では、オリジナル除菌剤と専用機材でしっかり除菌洗浄します。

●関連サービス
おそうじ本舗の「洗濯機クリーニング(ドラム式)」

おそうじ本舗の「洗濯機クリーニング(縦型)」

記事監修

1412店舗※を展開するハウスクリーニングのプロ「おそうじ本舗」や、全国235店舗※を展開するハウスコーティングのプロ「マイスターコーティング」の技術責任者たちが担当。

 

アメリカ・イギリス・中国など世界中の汚れと戦った経験、お掃除のプロを育てるトレーナーを長く務めた経験や、お客様へサービス提供して得られた声を生かしたサービスや商品の開発・改良に取り組む。

※2019年5月現在