Clean up
2019/5/9

自分でできる!ダイソン掃除機のお手入れ方法

近年の日本の掃除機マーケットに革命をもたらしたといっても過言ではないダイソンの掃除機。また、ダイソンでも特に人気のコードレスクリーナー。くらしスタイル研究所でも所持率が非常に高い掃除機ですが、お手入れに意外と苦戦している人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなダイソンでも比較的お手頃価格でヒット商品となったV6モーターヘッドを例に、自分でも簡単にできるお手入れ方法を紹介したいと思います。

目次

ダイソン(Dyson) V6モーターヘッド

ダイソンの掃除機の特徴

ダイソン(Dyson) は、1993年にイギリスで設立された会社で、今では主流になりつつあるサイクロンクリーナーを世界で初めて開発したメーカーと言われています。まずは、デザインが良いですね。掃除機と言えば押し入れにしまっておくものという概念を覆す、おしゃれなデザイン。インテリアとして部屋の見えるところに逆に置きたくなるくらいです。

次に、発売当初に使用されていた「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」というあの有名なキャッチコピーとCM。確かに仕事率という数値でいくと日本の掃除機のほうが高いといわれていますが、やっぱりあのCMとデザインには机上の数字には代えがたい魅力があります。

サイクロン式と紙パック式掃除機の違い

紙パック式掃除機

皆さんもご存知の通りそもそも、家庭用掃除機は紙パック式とサイクロン式があるわけなのですが、その両方にメリットとデメリットがあります。その違いを理解することでダイソンの掃除機のお手入れ方法が変わると思いますのでご説明します。

さて、そのダイソンが発明したサイクロン式掃除機と紙パック式掃除機はどういう違いがあるのでしょうか?

サイクロン式掃除機のメリット

サイクロン式はモーターの力で空気を高速回転させてごみを遠心分離し、ほこりやゴミをダストカップにためて、空気は外に排出するという仕組みです。紙パックのように消耗品を買う必要がなく、経済的で排気も比較的クリーンです。あと、たまっているゴミが見えるので捨て時も一目瞭然ですね。

サイクロン式は経済的で排気もクリーン

サイクロン式掃除機のデメリット

メリットの裏返しですが、紙パックがない分本体のダストカップに直接ゴミがたまるので本体が汚れます。よって、頻繁に掃除しないといけないという手間がかかります。また、紙パックでは見ることのない、粉状のホコリの粉末がゴミ捨ての時に「フワッ」と舞ってしまうので面倒。簡単に言うと、掃除機を掃除する手間が意外とかかるということです。

サイクロン式は本体が汚れやすい

ズバリ、ダイソンコードレス掃除機のここが汚れる!

フィルター

ダイソンコードレス掃除機V6~V8シリーズには、2つのフィルターがあります、「プレモーターフィルター」で遠心分離したときに大まかなホコリをシャットアウトして最後に空気を排出するときには「ポストモーターフィルター」で細かいほこりもシャットアウトという2段構造です。

当然、フィルターの役割はほこりを吸着することなのでエアコンのフィルターや換気扇フィルター同様ハウスダストでびっしり汚れますので、最低でも月に1回は手入れが必要です。ちなみにV10シリーズからはポストモーターフィルターだけになっているみたいです。

画像左:プレモーターフィルター、右:ポストモーターフィルター
プレモーターフィルターとポストモーターフィルター

ダストカップ

これは、サイクロン式掃除機特有の部分ですが、直接ホコリがたまるので結構汚れます。また、細かい粉のような粉じんが隙間に入っていくので丁寧な掃除が必要な部分です。

ダストカップは汚れやすく丁寧な掃除が必要

ヘッド部分

これは、紙パック式も含めてヘッドにローラーが付いている掃除機すべての問題で、「ペットの毛や髪の毛が絡みつく」という大問題があります。最近の掃除機は昔のものに比べて多少お手入れしやすくなっていますが、これはどうしても防ぎきれない部分ですね。

ヘッド部分はどうしても汚れる

自分でできるダイソンコードレス掃除機の掃除方法

ここからは、ダイソンコードレス掃除機の具体的な掃除方法を手順に従って説明していきます。

フィルターのお掃除

まず、基本的な部分でフィルターの掃除から始めます。
ダイソンのコードレス掃除機は2つのフィルターが付いており両方とも実は水洗いができるのです。
まず「プレモーターフィルター」。これはつまんで引っ張るだけで簡単に取れます。そのまま水道水で揉み洗いするか、洗面器につけて掃除するかのどちらかでOKです。

プレモーターフィルターの取り外し方

水道水で洗い、手でにぎって絞る

プレモーターフィルターの洗い方

次に「ポストモーターフィルター」これは、本体の真後ろから見て左にひねると簡単に外せるようになっています。

ポストモーターフィルターの外し方

外したポストモーターフィルターも水洗いができますのでこれはお風呂場のシャワーを当てて水洗いするのがポイントです。

ポストモーターフィルターの洗い方

どちらフィルターも洗剤は使わず、お湯もできる限り使わず、水だけで洗うのがポイントです。洗剤を使うと洗剤成分がフィルターの中に残ってしまう可能性が高く、お湯を使うとフィルターの寿命が短くなります。どちらのフィルターもタオルで水分を十分にとってから、日陰干しもしくは、乾燥機付きの場合は浴室につるして半日ほど干しても大丈夫です。毎日使う場合は週に1回くらいはお手入れしましょう。

洗ったフィルターを乾燥させる

ダストカップのお掃除

次にダストカップです。これも知らない人がいるのですがダストカップは下のふたを開けた状態で赤いレバーを握りながら左右に揺らして引っ張ると本体から簡単に外すことができます。

ダストカップの外し方

こうすることでより掃除がしやすくなりますね。ただ気を付けてほしいのがダストカップと本体の隙間には細かい粉塵が詰まっていることが多いので、ほこりを吸い込まないように必ずゴミ袋を広げた上で、マスクを着けて行ってください。汚れを掻き出すのは基本的に古歯ブラシでOKですが、最近優れものを見つけたのでご紹介します。

ダストカップの掃除方法

「ヴァイカン(Vikan)社のペストリーブラシ」
ヴァイカン(Vikan)社のペストリーブラシ

ヴァイカンはハウスクリーニングのプロフェッショナルの間では結構有名デンマークのブラシメーカーで、食品工場関係では世界的なシェアを持っている超高性能なブラシです。このペストリーブラシは細くて毛足が長いわりに腰もあって家電製品のホコリ取りに最適です。

ペストリーブラシを使った掃除方法

こちらの、くらしスタイル研究所オンラインストアでも販売ができるように準備していますので、どうぞお楽しみに!

すみません、話がそれました。
とにかく、しっかりとホコリを除去した後はタオルでしっかり水拭きして乾燥させましょう。

サイクロン部分のお掃除

サイクロン部分は分解できないようになっているのと水分厳禁なので、こちらも歯ブラシや、ペストリーブラシのような柔らかいブラシで優しくこすりながらホコリを取っていきましょう。

サイクロン部分の掃除方法

ダストカップとサイクロン部分の掃除は、ゴミを捨てる度に毎回行いましょう。

ヘッド部分のお掃除

最後にヘッド部分です。ここが意外と一番厄介かもしれません。ただでさえ髪の毛が絡みやすいヘッドに、ダイソンのコードレス掃除機は高性能な小型モーターが内蔵されているため、ここが思うように動かないとせっかくの性能が発揮できません。

まず、ヘッドには2か所のロックがかかっています。これは10円玉を使って外しましょう。
まず、裏側のロックを外してみます。

Dyson ヘッド部分のロック解除方法

結構汚れていますね。

ヘッドからブラシを抜き出す①

次に横のロックを回してブラシを抜き出します。

ヘッドからブラシを抜き出す②

ヘッドからブラシを抜き出す③

髪の毛がかなり絡まっていますね。これではせっかくの最先端技術が台無しです。手で押しても硬くて動きにくいですので、まずはハサミで切ります。

詰まった髪の毛をハサミで切る

そのあといらなくなった「くし(コームタイプのもの)」などを使って除去して、最後はブラシで細かいホコリを掻き出します。

ブラシで細かいホコリを掻き出す

ブラシをもとに戻したら、ヘッド全体を固く絞ったタオルで拭きます。

ヘッドを拭いて掃除完了

毎日掃除機を使う場合は週に1回。
最低でも1か月に1回はヘッドの掃除をしましょう。

まとめ

ダイソンのコードレス掃除機はとても魅力的な家電製品です。安い買い物でもないので長く清潔に使えるようにこまめなお手入れを心がけましょう。

関連情報

マイ暮らす 家事代行サービス「定期プラン」

日常的なキッチンや浴室など水まわりのお掃除から、今回のような掃除機のお掃除、洗濯、クリーニング出しなど、サービス内容はオーダーメイドで家事のプロがお手伝いします。

マイ暮らす 家事代行サービス「定期プラン」の詳細はこちら

おそうじ本舗 「お手伝いパック」

ハウスクリーニングのプロが、お客様が希望するお掃除を3時間定額で提供するサービス。お掃除箇所の組み合わせは自由。スポット利用に便利です。

おそうじ本舗「お手伝いパック」の詳細はこちら

記事監修
くらしスタイル研究所 所長
尾崎 真

おそうじ本舗の商品・サービス開発責任者を務め、国家資格であるハウスクリーニング技能士。

 

多くの洗剤や機材のメーカーや研究者と繋がりがあり、最先端の洗浄技術に係わる知識は業界でも随一。専門的なプロの技だけでなく、家庭で簡単にできるお掃除術などの知識を活かして、テレビ・雑誌・新聞など多くのメディアで活躍中。

 

その他、グループ会社の認可保育園では、「キッズおそうじチャレンジ」と称したプログラムを開発し、おそうじを通じて子どもたちの「自立心」「自主性」を養う活動を行うなど、様々なサービス・商品開発に日々専心している。