年末大掃除のコツ | ハウスクリーニングのおそうじ本舗

年末大掃除のコツ

忙しい年末でもやっておきたい大掃除は、手短に済ませたいですよね? 日頃はお掃除しない場所を大掃除でキレイにしたいと思うものの、どうやって落とせばいいか分からない頑固な汚れや、大掃除したい場所がありすぎて中途半端に終わってしまう方も多いはず。

そこで、1年の間に溜まった汚れを楽しみながら落とす大掃除のコツを、お掃除のプロが教えます。共働きや小さなお子様のいるご家庭でも簡単にできる大掃除のポイントをご紹介いたします。今年の汚れをキレイに落として、新年を気持ち良く迎えましょう!

年末大掃除キャンペーン!

大掃除の段取りと時間短縮のポイント

プランを立てる 事前に道具を準備 時間を決めてやるプランを立てる 事前に道具を準備 時間を決めてやる

プランを立てる

大掃除が成功するか失敗するかは、段取りで決まります。まずはしっかりプランを立て、分担できる場合は各自の作業を割り振ることで、楽しく素早く終わらせましょう!

事前に道具や洗剤を準備する

大掃除の途中で足りない道具や洗剤を買いに行くと、予定通りに進まず、汚れを落としきれない箇所やお掃除できない場所が出てくる可能性があります。始める前に大掃除で使う道具や洗剤をチェックして揃えておきましょう。

時間を設定する

家全体をキレイにする大掃除は、1箇所に多くの時間を割いていると、終わらなくなってしまいます。捨てるかどうかで悩んだり、懐かしいものを見つけて思いのほか時間が経ってしまうことも……。そのため、お掃除する箇所をきちんと把握し、1箇所にかける時間を設定しておきましょう。

プランのポイントは場所と担当箇所

家族で行う大掃除のプラン例家族で行う大掃除のプラン例

大掃除する場所を決める

大掃除をする範囲が広すぎて「どこから手をつけていいか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。まずは、お掃除する場所を考えて整理しましょう。

分担できる場合は担当箇所を決める

家族で分担する場合、照明器具や浴室など高いところや力のいるところは、お父さんにお願いするのがオススメです。お子様はキレイになったことが実感できる場所や、道具を使って楽しく大掃除できる場所を任せましょう。お父さんと一緒にガラス拭きや床のモップがけなどをやってもらうのも良いかもしれません。

また、お母さんはキッチンやトイレなどの水まわりを担当するなど、相談しながら決めていきましょう。

終わった後のご褒美を決める

大掃除が終わったら「美味しい物を食べに行く」「買い物に行く」など、楽しめるご褒美を決めておくと、やる気がアップします。いつもより長い時間お掃除をするので、モチベーションを維持させる工夫をして、楽しく大掃除を行いましょう。

洗う・拭く・擦る。手順を覚えて素早く大掃除

お掃除は、「上から下へ」「奥から手前へ」の順序で行っていくと、効率良く進められます。せっかく床をキレイにしたのに、棚からホコリが落ちてきてやり直し……なんてことありませんか? 具体的には、天井→棚やテーブル→床の順番です。

家全体では、室内の奥の寝室など、閉鎖された場所からリビング→玄関とオープンな場所への順番でお掃除すると、最後に残ったホコリが行き場に困らずに済みます。

効率の良い食器の洗い方 お風呂などの頑固な汚れの洗い方 カーテンの洗い方のコツ効率の良い食器の洗い方 お風呂などの頑固な汚れの洗い方 カーテンの洗い方のコツ

洗う

効率の良い食器の洗い方

水に浸ける前に油汚れを新聞紙やキッチンペーパーなどで拭いておきましょう。油汚れの無いものから洗った後、油汚れのあるものを洗うと効率が良く、洗剤も少なくて済みます。

浴室の湯アカなど頑固な汚れの洗い方

キッチンペーパーを湿布状にすると、汚れを効果的に落とせます。まず、汚れにキッチンペーパーをあてて洗剤を吹き付け、湿布状にします。5~10分置いた後、剥がしながら擦り洗いをすると、汚れが落ちやすくなります。油の混ざったホコリが落ちにくい照明の傘や換気扇のレンジフードなどにもオススメです。

汚れたカーテンの洗い方

カーテンは、天気の良い日に洗いましょう。屏風のようにたたみ、大きめのネットに入れて洗濯機の「手洗いコース」で洗いましょう。脱水後すぐに洗濯機から取り出し、そのままカーテンレールにかけて、形を整えて干します。カーテンレールや窓ガラスは、カーテンを洗っている間にキレイにしておきましょう。

拭く

拭き掃除の手順は、洗剤拭き→水拭き→乾拭きが基本です。水拭きのコツは、布を固く絞ってから使うこと。汚れが落ちやすく、拭き跡が残りにくくなります。

擦る

ステンレス製のシンクなどを擦るときは、ステンレスの目に沿って擦るのがコツです。ステンレスの目は横に入っていることが多いので、左右に擦って洗いましょう。また、浴室を大掃除する場合は、残り湯が温かいうちに汚れを擦った後、お湯で落としてすすぎ洗いをすると、洗剤を使わなくてもキレイになります。

知っておきたい汚れの性質

基本的に、軽い汚れは中性洗剤で十分落とせます。ただ、手強い汚れにはその汚れに合った性質の洗剤を使うと効果的です。

油分による汚れ(酸性)

酸性の汚れ酸性の汚れ

油分や手アカ、アルコールなどによる汚れは、酸性です。そのため、キレイに落とすにはアルカリ性洗剤や重曹などが効果的です。

水アカによる汚れ(アルカリ性)

アルカリ性の汚れアルカリ性の汚れ

水アカや便器の黄ばみなどは、アルカリ性の汚れです。酸性の洗剤やクエン酸(お酢)などを使うと、効果的に落とせます。

ホコリによる汚れ

その他の汚れは、ホコリによるものが多いです。ホコリの中には、屋外から飛んでくる「土ホコリ」と家の中の布団やカーテン、衣類などから出る「綿ホコリ」の2種類があります。どちらに対しても、乾いた汚れは濡らさず乾いたまま取り除くのが基本です。

汚れの性質に合った大掃除に役立つアイテム

家の中の汚れは、洗剤だけでなく身近なものでもキレイに落とすことができます。重曹やお酢など、身近な素材を使ったお掃除の方法をご紹介いたします。

重曹を使った大掃除

キッチン

換気扇掃除に役立つ!
  • 換気扇
    換気扇のお掃除には、重曹が役立ちます。500mlのぬるま湯に大さじ2杯の重曹を入れて、混ぜ合わせた重曹水を換気扇にスプレーし、拭き取ります。取り外せる部品やフィルターは、重曹水に浸け置きしてから磨きましょう。細かい部分は、古歯ブラシを使ってお掃除すると便利です。

お掃除に使用する歯ブラシは、毛を半分ほどの長さにカットするとコシが強くなり、使いやすくなります。

排水口をツルツルに!
  • 排水口
    排水口は洗い物をしたときの油分が溜まると、ベタベタになってしまいます。排水口全体に重曹を振りかけて5分ほど置き、ブラシやスポンジで擦ってすすぐと、すっきりツルツルになります。

排水口の詰まりとニオイが気になる場合は、排水口にカップ1~2杯程度の重曹を詰め、熱湯を注いでしばらく放置します。すると、シュワシュワと泡立ち、ニオイと詰まりを解消してくれます。

リビング

カーペットの掃除機がけに一工夫
  • カーペット
    前日の夜に重曹を振りかけておいて、翌日掃除機をかけると、汚れやニオイも吸着してくれます。カーペットの中に入り込んでしまった髪の毛や糸クズは、タワシで掻き出してから粘着テープで取り除くと、スッキリ取れます。
クロスのお手入れに
  • クロス
    クロスには、キッチンから出た油にホコリが溜まり、いつの間にかベタベタした汚れが付いてしまいます。そんなときにも重曹が有効です。水で5%程度に薄めた重曹水を布にスプレーして、クロスを拭きましょう。

お部屋まわり

ペットのニオイもしっかり防ぐ!
  • ペットのニオイ
    ペットのニオイを防ぐには、スーパーなどで売っている重曹が効果的です。お菓子を作るときなどにも使いますが、ニオイを防ぐこともできます。重曹は和紙にくるんでペットのトイレに入れておくと、消臭効果がアップします。トイレには新聞紙を入れておくと、アンモニアを吸収し、さらにニオイが付きにくくなります。
タバコのニオイを簡単に消臭
  • タバコのニオイ
    タバコを吸わない人にとって、タバコのニオイは非常に嫌なニオイです。灰皿を洗っても気になる場合があります。そんなときは、重曹を使って洗いましょう。水1リットルに大さじ2杯が目安です。ニオイがすっきり取れて灰皿もピカピカ。吸いがらを捨てるときにも、粉を少し振りかけると、ニオイが和らぎます。

玄関

玄関特有のニオイを抑える!
  • 玄関のニオイ
    玄関を大掃除したら、仕上げに重曹を使いましょう。小さな箱やコップに入れて、下駄箱の一番奥に置きます。重曹の消臭効果で玄関特有のニオイを抑えることができます。

お酢を使った大掃除

お部屋まわり

お酢で畳の黄ばみをすっきり
  • 畳の黄ばみ
    お酢には、汚れを取りやすくしたり黄ばみを防止する効果があります。バケツ半分の熱湯に半カップのお酢を入れて畳を拭いてみましょう。黄ばみがすっきり取れます。ニオイが気になるときは、少なめでも大丈夫です。畳の縁は変色することがあるので、拭かないように注意しましょう。
シール剥がしにも役立つ!
  • タンスに貼ったシール
    お酢は、タンスなどに貼ったシールを剥がすときにも役立ちます。方法はいたって簡単。お酢を含ませた脱脂綿をシールの上に載せ、シールが水分を吸収したら、ゆっくり剥がすだけです。

キッチン

コーヒーメーカーの汚れ落とし
  • コーヒーメーカー
    コーヒーメーカーの沸騰した湯が吹き出る部分は、使っていると水に含まれるカルキなどが水アカとなって固まってしまいます。しかし、丸洗いができないので、洗剤を使うのは避けたい箇所です。水アカはアルカリ性なので、酸性のお酢やレモンの汁を使うと、キレイに落とせます。
ポットの赤サビや水アカを落とす!
  • ポットのお掃除
    ポットに1/3程度の水と1杯のお酢かレモン汁を入れてそのまま沸騰させ、ゆっくり上下に振りましょう。ポットの内側に付いた赤サビや水アカをすっきり落とせます。保温のみのタイプは、沸騰した湯とお酢(レモン汁)を入れて一晩そのままにしておくと、キレイに落とせます。

浴室

浴室のシャワーヘッド
  • シャワーヘッド
    浴室を大掃除する際、きちんとシャワーヘッドもキレイにしていますか? ヘッド部分を取り外し、スポンジや歯ブラシを使って中の水アカを取り除くだけですが、面倒だと感じている人も多いのではないでしょうか。
    まず、水6カップとお酢1カップを洗面器やバケツに入れて、そこにシャワーヘッドを浸けておきます。しばらくすると、目詰まりなどもすぐに解消します。最後にお酢が残らないよう、しっかり水洗いします。

洗面所

洗面所を身近な物でキレイに
  • 洗面所
    洗面所の汚れは、洗剤を使わなくても自然のもので落とすことができます。例えば、レモンの切り口で擦る、重曹を振りかけてスポンジで擦る、湿らせたスポンジにお酢を少量垂らして磨くのも有効です。最後は、水で洗い流してから拭きをしてください。化粧水をコットンで付けたついでにそのコットンで鏡を磨くと、アルコール成分で汚れが落ちてキレイになります。

新聞紙を使った大掃除

お部屋まわり

窓ガラスのがピカピカに!
  • 窓ガラス
    泥やホコリ程度の軽い汚れなら、窓ガラスの大掃除に洗剤は要りません。新聞紙を湿らせて汚れの酷いガラス全体を拭いていきます。その後、乾いた新聞紙でから拭きをすると、ピカピカになります。拭き終わったら、そのまま捨てて大丈夫です。窓拭きは汚れが目立つ曇りの日を選ぶと、よりキレイに仕上がります。

キッチン

キッチンのニオイ対策
  • キッチンのニオイ
    生ゴミは濡らす前に捨てると、ニオイを抑えることができます。料理をする際などに気を付けてみてください。また、どうしても濡れてしまったときは、水を払って捨てるのがポイントです。ジャガイモや人参は新聞紙の上で皮を剥いて、そのまま紙にくるんで捨てましょう。三角コーナーを使わなくて済み、ニオイが発生しないのでオススメです。
環境にも優しいキッチンの大掃除
  • 環境に優しい
    効率良く食器洗いを済ませるために、まずは油汚れがあるか無いかによって食器を仕分けします。木の椀は扱いが違うので、別にします。水に浸ける前に油汚れを新聞紙などで拭いておき、お椀から洗っていきましょう。油汚れの無いものから洗ったら、次は油汚れのあるものを洗います。洗剤を付けずに洗えるものは、使わない方が環境に優しいです。

玄関

雑巾代わりに活用
  • 玄関
    玄関の汚れは、ほとんどが砂・泥・ホコリです。濡らした新聞紙を千切って撒けば、ホウキで掃いてもホコリを立てずに大掃除できます。また、丸めて水に浸したものを雑巾代わりに使うと、ピカピカに仕上がります。使い終わったら、そのまま捨てて大丈夫です。雑巾のように洗わなくて良いので、手軽に使えます。

重ねて敷いておくのがポイント

  • 下駄箱
    下駄箱も忘れずに大掃除しましょう。下駄箱の中にある靴をいったん全部とり出して、泥や砂、ホコリを掃除機で吸い取ります。その後、新聞紙を敷いて靴を戻します。新聞紙は数枚重ねて敷き、汚れたときに1枚ずつ外せばキレイに元通り! また、香りの強い石鹸やコーヒーかす、茶がらや木炭を入れておくと、消臭剤の代わりになります。

ベランダ

ベランダの大掃除のコツ
  • ベランダ
    ベランダを掃くときは新聞紙などを敷いて、その上にゴミを集めるようにすると、すぐに捨てられます。エアコンの室外機が砂を被っていたら、水拭きをしておきましょう。終わったら、部屋側から排水口に向かって水で洗い流しておきます。

炭酸水を使った大掃除

お部屋まわり

窓ガラスの透明感が復活!
  • お掃除に活用
    炭酸水は、意外にも窓ガラスのお掃除に便利なアイテムです。スプレーボトルなどに入れた炭酸水を窓ガラスに吹きかけて布で拭くと、曇りが取れて透明感が出ます。炭酸水は乾きが早いので水跡が付かず、キレイに仕上がります。
赤ちゃんに安心のアイテム
  • 赤ちゃんに安心
    何でも食べてしまう赤ちゃんがいるときは、床や窓、扉などの大掃除に洗剤を使うのは少し心配ですよね。そんなときは、洗剤の代わりに炭酸水で磨いてみてください。炭酸水には、菌を取り除く作用があり、炭酸が抜けても効果が変わりません。赤ちゃんが舐めても安心です。

エタノールを使った大掃除

お部屋まわり

キーボードのホコリ取りに便利!
  • パソコン
    何気なく使っているパソコンも意外と汚れているので、時々お掃除しましょう。モニターは、ホコリを払うために乾いた布で軽く叩きながらホコリを取ります。また、端に溜まったゴミは、綿棒でなぞって落とすとキレイに取れます。キーボードもホコリが溜まりがちですが、ここも綿棒を使うと便利です。エタノールを染み込ませてなぞってください。あまり濡らし過ぎないように気を付けましょう。
小物のお手入れも忘れずに!
  • 小物のお手入れ
    お部屋のインテリア小物にホコリが被っていると、雰囲気が台無しになってしまいます。ホコリは黒ずみになるので要注意! 額縁は水気を避けてキレイにしましょう。ナイロンはたきをかけるか乾いた布で拭いて、凹凸の飾りが付いたものは絵筆を使うと効率的です。ガラス部分は、消毒用エタノールで拭いてピカピカに仕上げましょう。

キッチン

キッチンの汚れを落として同時に消毒!
  • キッチンの汚れ
    シンク下やガス台の下は、気付かないうちにベタベタした汚れが定着してしまいます。こまめにチェックして、汚れが酷くならないうちにエタノールと布で拭きましょう。消毒しながら汚れを取るので、一石二鳥です。二度拭きの必要もなくサッと拭けます。冷蔵庫や引き出し、食器棚など、清潔に保ちたい箇所にも応用できます。
忘れがちなシンク下の棚も気を付けよう!
  • シンク下の棚
    シンクの下は、湿気やニオイがこもりがちで、カビが繁殖しやすい箇所です。カビが生えたら、塩素系漂白剤を染み込ませた布で拭くのが一番効果的です。汚れの洗浄と除菌を同時に行ってくれます。その後、水拭きとから拭きをしましょう。さらに、エタノールを布に染み込ませて拭けば、カビ臭さを取ることができます。新聞紙を底に敷き、調味料などの液ダレを防いで、キレイな状態を保ちましょう。

トイレ

古くなったTシャツやシーツを活用!
  • お掃除道具
    古くなったTシャツやシーツを大掃除用の道具に活用しましょう。10cm×10cmの大きさに切って広口のビンに入れ、布にまんべんなく消毒用エタノールを浸してトイレに常備しておくと、非常に便利です。汚れに気が付いたときに1枚づつ取り出して手軽にお掃除できるので、いつでもトイレを清潔に保つことができます。

大掃除で困ったらハウスクリーニングのプロに任せる

面倒で触りたくない頑固な汚れや掃除範囲の広さに困ったら、ハウスクリーニングのプロに依頼するのも1つの手段です。ハウスクリーニング業者に頼むことで余裕が生まれ、他のことに時間を割けます。また、1人ではお掃除できない場所や高くて手の届かない箇所も、素早く徹底的に汚れを落としてキレイにします。

家

水まわり

エアコン

お部屋まわり

キッチンまわり

在宅まるごとクリーニング

大掃除に役立つ関連記事

年末大掃除キャンペーン!

年末大掃除キャンペーン!

お見積りカートに進む 0