フローリングクリーニングとワックスがけの極意 | お掃除雑学 | おそうじ本舗の暮らしのガイドはおそうじ本舗にお任せください

おそうじ本舗の暮らしのガイド

フローリングクリーニングとワックスがけの極意

フローリングをワックスがけするメリット

フローリングの保護

ワックスをかけることで、フローリングの保護、そしてこれは以外に知られていませんが、滑り止め効果もあります。ワックスがフローリングの上に樹脂でできた薄い膜を作ってくれるからです。

汚れや傷の予防

フローリングの上に物を落としたり、何かをこぼしたり、引きずったり、日々生活している中で色々なことがありますが、ワックスがけをしておくことで、汚れや傷が付きにくくなります。ワックスがけを定期的に行うことによって、きれいな状態をキープすることができます。

光沢が出る

ワックスをかけることで、ピカピカに光って光沢が出ます。これが、写真で言うところのレフ板の役割をしてくれて、部屋全体が明るく、広く感じます。人の顔色が明るくキレイに見える効果もありますよ。

フローリングワックス

フローリング掃除の手順

下処理が大事。ホコリや髪の毛を徹底的に除去

ホコリや髪の毛が残っていると、ワックスをかけたときに固まってしまう可能性があります。そこで、ワイパーなどを使い、木目に沿って掃除をしていきます。継ぎ目に引っかかってホコリが残るので、斜めや十字の方向にはかけないようにします。集めたホコリが散ってしまわないように、ワイパーに付けたままで掃除をしましょう。

丁寧に掃除機掛け。木目に沿ってゆっくりと

ワイパーと同様に、木目に沿ってゆっくりと丁寧に掃除機をかけていきます。ワイパーから落ちたホコリや髪の毛なども、この時に掃除機で吸い取ります。

ウェットタイプのフローリングワイパーで水拭き

ウェットタイプのフローリングワイパーで水拭きをします。あるいは、雑巾やモップなどでも大丈夫です。雑巾やモップは水で濡らして固く絞ります。

フローリングワックス

ドライタイプのフローリングワイパーで乾拭き

ドライタイプのフローリングワイパーで、乾拭きをします。水気が残っていると、ワックスがうまく乗らなかったり、雑菌が発生してニオイの元となってしまうためです。

要らなくなったカードが役に立つ!

踏み固められてこびりついた汚れは、いらなくなったカードで取れます。洗剤を使う場合は、台所用の中性洗剤を100倍くらいに薄めたもので大丈夫です。洗剤が残っているとワックスがムラになってしまい上手に塗れませんので、洗剤が残っていないように水拭きをします。

ワックスを二度塗りする

効果を高めるため、乾燥させた後に二度塗りをします。塗り方は、なるべく毛羽立たないタオルかマイクロファイバーのクロスをフローリングワイパーの先に装着して、1_あたり10mlくらいを目安に塗っていきます。床に直接垂らしてから馴染ませるように塗ってもいいですし、使い終わった台所用洗剤の容器などに移し替えて、タオルに直接染み込ませてから塗っても大丈夫です。

部屋の一番奥から、入口に向かって後ろに下がりながら塗っていきます。入口側から塗っていくと最後自分の立つ場所が無くなったり、部屋から出られなくなったり、面白いことになるので注意してくださいね。ポイントは下処理同様、木目に沿って塗っていくことです。

塗り終わったら、しっかり乾燥させます。乾かしている間は、歩いたり触ったりしないようにします。乾く前に水などをこぼすと、白く跡が残ってしまいますので、注意が必要です。

塗りムラ除去のコツ

塗りムラが出てしまったら、二度塗りをする時に調整します。最初はムラの部分が気になりますが、日が経てば馴染んでくるので気にならなくなります。板ごとの単位で区切るのが、上手に行うコツです。隣の板にワックスがかからないように養生テープを貼ると失敗しません。

フローリングワックス

ワックスがけにおすすめの道具

フロアワイパー

ワックスをかける場合は、フロアワイパーを使うのがおすすめです。ワックス専用の使い捨てシートというのがありますので、これをワイパーに挟んでワックスをかけます。使い終わったらシートを捨てられるので、お手入れの必要も無く手軽ですが、あまり品質が良くない安いものは仕上がりも良くないですし、後からプロでも剥がすのが大変なので、おすすめしません。

ワックスを選ぶポイント

種類

ワックスの種類は、ざっと数えても30種類以上あります。大きく分けると、水性のものとシリコンや油性ウレタン製のコーティング材に分かれます。水性のものは塗った後、乾拭きすると自然な光沢が出ます。

形状

ワックスの形状は、液体、スプレー、シートといった種類があります。お手入れ方法に合わせて選ぶと良いでしょう。手軽に行いたい場合は、シートやスプレータイプ、本格的に行う際は液体がおすすめです。

目的や効果

ワックスには、様々な効果を持つものがあります。ペットが走ったときの爪痕が付かないものや、光沢度合いが高いものなどです。生活スタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

材質によっておすすめのワックスは?

おすすめのワックスは、床材によって違います。クッションフロアやフローリングには樹脂ワックス、白木の床には白木用のワックス、油加工が施された床には油性ワックスが適しています。

ワックスがけをするタイミング

時期

ワックスがけをした後は、しっかり乾かすことが必要です。晴れていて風のあまり無い日がおすすめです。雨の日や湿度の高い日はおすすめできません。しっかりと時期を見据えて、良い時期を選んで行うようにしましょう。

頻度

ワックスは一度塗ったらおしまい、ではありません。毎日使ううちにワックスが剥がれてきてしまいます。半年に一度は上塗りをするようにしましょう。手順は基本のやり方と同じです。上塗りをすることで、フローリングにツヤが戻ります。

ワックスの塗り直し

タイミング

半年に一度は上塗りをしますが、2年~3年に一度は「はく離剤」を使って古くなった膜を剥がす必要があります。はく離をしなければならない理由は、ワックスを塗り重ねる間にゴミや汚れが入り込んで段々床全体がくすんできたり、黒っぽくなってきたりするからです。

分かりやすく言うと、化粧をしたままメイクを落とさずにどんどん上塗りしていく感じになります。はく離剤はいわば、ワックスの「メイク落とし」的なものですが、非常に強い洗剤で床にダメージを与えてしまう可能性もあるので、ここはプロに頼むべきポイントです。

おそうじ本舗は、床に染み込みにくいオリジナルのはく離剤を使用して、プロの技術を駆使して手作業で丁寧にはく離する数少ないノウハウを持っています。古い膜を剥がしたら、また床が新品のように蘇り、そこからワックスを塗ります。2年~3年に一回はく離をして半年毎に上塗りを続けることで、フローリングをきれいな状態で保つことができます。

剥離剤の使い方

キレイな仕上げを期待するならプロに依頼を

ワックスがけが面倒だというときは、プロに頼むのも1つの方法です。おそうじ本舗では、床の状態に合わせてメニューの提案をいたします。メニューは「洗浄とワックス」や「剥離のみ」と「剥離とワックス」の3種類があります。ワックスがけは、部屋ごとの繋ぎ目が難しいです。おそうじ本舗では、照明の当たり方や日の当たり方を見た上で、最適な位置で繋ぎます。日常のお手入れはご自分でやられて、家庭で取りきれない汚れは、プロに任せるのがおすすめです。

ガイドプロフィール
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。 現在、「お掃除のプロ」として、さまざまなテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノで出来る簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

フローリングの汚れはプロにお任せください!

湿度に弱く、キズつきやすいデリケートなフローリングも、おそうじ本舗なら床の状態に合わせたお掃除をご提案可能です。床の汚れが気になる方は是非一度ご相談ください。

新着記事一覧

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
0